星紋神極傳
高天源 東京都
小説 (ファンタジー 歴史 その他)
 都内南部の閑静な住宅住宅街に在る雪代亭。その敷地の奥、隠宮と呼ばれた星天神宮で九百年に渡り歴史から抹殺された高天の極星天使を祭祀して来た源氏の雪代家と平氏の鏑木家。両家一対の極星禁厭師と極星玉依が八百萬を守るべく神極捜神の力を以て玄事の世界で静かに繰り広げる奇傳
03-21 03:56

~「小説」一覧に戻る
mobile space